福島城
 
別 名 光明寺城
所在地 栃木県栃木市都賀町家中
築城者 細井光明
築城年 弘治元年(1555)
廃城年 永禄3年(1560)
現 状 光明寺
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
土塁と空堀
遠景 空堀 土塁
櫓台 虎口 外郭 土塁
 
 早朝の家中駅から細井城のある光明寺を目指した。通学途中の家中小学校の児童と交通指導の人たちと挨拶を交わしつつ着いた。城主の細井光明の名前がつけられた寺院なので案内板ぐらいあると思ったが見当たらず、光明の墓もなかったと思う。
 遺構はよく残っている。平城にこれだけの遺構が残っていると嬉しくなる。虎口と堀が見事で土塁も大きい。朝日を浴びる細井城はひときわ美しく見えた。この日の城館探訪で最初に訪れた城であり幸先が良かったが、このあとに40キロ近く歩くことになるとは思わなかった。
 
東武日光線「家中」下車 徒歩20分
 
2015/12/01 日本城郭大系/新人物往来社
とちぎの古城を歩く/下野新聞社