別 名
所在地 栃木県足利市県町
築城者
築城年
廃城年
現 状 宅地・農地
遺 構 水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 先に立ち寄った下県城と同様に上県城も城主については伝わっていない。県氏の一族が居住したと考えるのが何より自然だが証拠がない以上は断定することは差し控えたい。城跡に隣接して浄徳寺があり鎌倉時代の板碑や五輪塔が残されているというので上県城も鎌倉時代にその成り立ちを求めて良さそうである。
上県城 上県城の現況 水堀
 足利市県町にはいくつかの城館跡が残されている。遺構が不明瞭なのは承知の上でそれらを訪ね歩いてみた。東武伊勢崎線の県駅から歩けばそれほど時間はかからないが、この日は多々良駅を起点として足利市駅まで歩いているが距離にして16キロほどを踏破していた。
 下県城は多少なりとも城跡らしさは感じることができたが、上県城は大部分が農地となり堀も農業用水に用途変更されているため微妙な曲線を描くということもなくコンクリート囲みの直線的な水路となっているため城の遺構なのかはっきりしない。
東武伊勢崎線「県」下車 徒歩20分
日本城郭大系/新人物往来社
2019/10/28