福島城
 
別 名
所在地 栃木県栃木市大平町富田
築城者 富田成忠
築城年 嘉吉元年(1441)
廃城年 元和5年(1619)
現 状 大平西小学校
遺 構 土塁・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 旧大平町指定史跡
備 考
評 価
石碑
遠景 土塁 水堀跡
 
 榎本城で土砂降りだった雨は、富田城に着いた頃には弱まっていた。太平西小学校に石碑と案内板がある。城跡は小学校の建設と両毛線の軌道で分断されてほとんど残っていない。土塁と水堀の一部がかろうじて残っている程度だった。土塁は規模が大きいが、新緑の樹勢に隠れてしまいほとんど見えなかった。土塁の向こう側には水堀があるが雨のために登ってはいない。
 
JR両毛線「大平下」下車 徒歩5分
 
2012/05/04 とちぎの古城を歩く/下野新聞社
近世栃木の城と陣屋/随想舎