別 名
所在地 栃木県足利市小曽根町
築城者 小曾根筑前
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 宅地
遺 構 土塁・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 小曾根城はこの土地を地盤とした小曾根氏の居城であるがいつ頃の時代に築かれたのかはわからない。いろいろ調べてみても小曾根筑前守という武士の居城だったということしかわからなかったが筑前守は足利長尾氏に仕えており同族と思われる鉢形城主小曾根政義は館林城の赤井氏に仕えているので同一人物ということではなさそうで天正13年(1585)の須花の戦いでは筑前守の家臣豊島彦七郎が佐野宗綱を討ち取るという大手柄を挙げている。
 秋晴れの日に足利市内の城館探訪を続けた。10月になっても関東地方は台風が続け様に接近し広い範囲で土砂災害や水害に見舞われ多くの家屋が被害を受け尊い人命までもが奪われてしまった。これまでに訪れたことのある場所も多く自分が渡った橋や風景を楽しみながら歩いた川沿いの道などもあって他人事とは思えなかった。関東地方だけではなく関西も同様であり九州や中国地方に至っては毎年のように甚大な被害が出ている。もう日本は人が住めない国になってしまうのではないかと思うほど災害の頻度と規模が大きくなっているのが心配である。
 足利市と佐野市を結ぶ両毛線も運休が続いていたために東武伊勢崎線を利用して訪れた。自分が歩いた街はそれほど大きな被害は出ていないように見られたが少し気が重い。それでも気を取り直して城館の紹介をしたい。小曾根城の周りを一周してみたが南側はブロック塀で囲まれていて様子がわからなかった。竹林になっている場所に何かありそうな気もするが民有地なので入ることはせず目で見るだけで終えている。北側は用水路が流れているがおそらく水堀がそのまま流用されているのだろう。日本城郭大系で記されている北東部分の土塁は写真の場所だとは思うが他に遺構と思えるようなものは見当たらなかった。
東武伊勢崎線「県」下車 徒歩30分
日本城郭大系/新人物往来社
2019/10/28