別 名 柳田氏館
所在地 栃木県足利市福居町
築城者 柳田伊豆守
築城年 南北朝時代
廃城年
現 状 宅地・農地
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 足利市指定史跡
評 価
 南北朝時代に足利氏に仕えていた柳田伊豆守が築いたという。柳田氏は日向国からやってきて源義国に仕えたとされているが、遠い九州からなぜはるばる北関東へ赴いたのかはわからない。伊豆守のときに足利義満から中里荘を与えられ中里城の北西に宝福寺を建立した。
土塁と空堀 土塁 土塁
土塁 土塁 主郭跡
 中里城は平地に築かれた城だが遺構がよく残っている。城跡は民有地だが案内板などが設置されて自由に見学できることにも驚いた。見事な土塁と空堀が郭を囲む姿は往時を偲ぶに十分であり市街地でこれだけ重厚な土塁が見られるのは意外だった。
 12年ぶりに中里城を訪ねた。足利市内の未訪問の城館探訪が主眼だったが近くを通るのに立ち寄らないのは後悔すると思った。長い歳月を経ても土塁は健在だったが東側の農地が潰されて宅地が建ち始めていた。以前に見たあの風景が見当たらないと思ったのはこのためだった。土地の古老が子どもだった頃の中里城は幅の広い水堀が残っていたというが今は埋め立てられて細い空堀のようになっていた。田園ごしに眺める中里城の姿は失われてしまったが、地元からこれだけ大切に扱われている城は珍しいと思う。
東武伊勢崎線「福居」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社・栃木の城/下野新聞社・中里城跡案内板
2007/11/24・2019/10/28