別 名
所在地 栃木県足利市借宿町
築城者 岡田長親
築城年 天正年間(1573〜92)
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定 足利市指定史跡
評 価
 足利長尾氏の家臣岡田長親が天正年間(1573〜92)に築いたという。足利富士山、浅間山、坊主山の3つの峰にそれぞれ城砦が築かれて北条氏や武田氏の侵攻に備えたとされる。
富士山城 案内板 屈曲させた通路
富士山城跡の土塁 浅間山砦 坊主山砦
 早朝から雨の中を小俣城へ登り徒歩で板倉城などを廻った。帰りはJRよりも安くて早い東武鉄道を利用したかったので足利市駅まで戻ったが、東武伊勢崎線の本数が少なく時間を持て余したので駅から近い富士山城へ寄ることにした。足利氏の文化財に指定されて案内板も設置されているが、その割に目ぼしい遺構は見ることができず物見の砦といった印象しかない。少しばかり期待して登ったのだがわずかな遺構があるだけで完全な肩すかしだった。おかげで時間を潰すことはできたので足利市駅からは東武鉄道の特急を利用して帰宅した。