福島城
 
別 名
所在地 栃木県下野市箕輪
築城者 壬生胤業
築城年 寛正3年(1462)
廃城年 永禄元年(1558)
現 状 磐裂根裂神社
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
主郭 虎口
遠景 主郭 空堀 主郭 土塁
主郭 土塁 二の郭 土塁 二の郭 空堀
 
 自治医大駅から箕輪城まではそれほど遠くなかった。姿川を渡ったあたりから、城跡への道標が要所に配置してあったのも助かった。歴史については諸説あるが、壬生城の支城という位置づけが正しいと思う。
 主郭には磐裂根裂神社があるが、著しく破壊されることもなく土塁と空堀がとてもよく残る。明確に残る虎口には見応えを感じた。土塁や堀が立派でも虎口が破壊されていると喜びも半減するが、箕輪城の虎口は見事だった。二の郭は全体的に畑となっていたが、南北に残る空堀は健在だった。河岸段丘上に城域はさらに展開していたらしいが、主郭と二の郭を見るだけで十分に事足りる。
 
JR宇都宮線「自治医大」下車 徒歩30分
 
2008/01/05 日本城郭大系/新人物往来社
とちぎの古城を歩く/下野新聞社
箕輪城跡案内板