別 名
所在地 栃木県芳賀郡市貝町市塙
築城者 那須為隆
築城年 鎌倉時代
廃城年 天正13年(1585)
現 状 記念樹の森公園
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 山根城は鎌倉時代に那須為隆が築いたというが、その時代の山根城は螺旋状の山城ではなかっただろう。戦国時代は千本氏の重臣が隣接する芦原城を居城として防御力を高めるために山根城を築いたというから那須氏による築城は疑わしい。堀切を隔てた向こう側には芦原城があるのだが別々の城扱いされている理由はわからない。同一勢力による築城と考えて良さそうだが芦原城は居館が置かれていたのかもしれない。
山根城 案内板 帯曲輪
 市貝町の城跡を訪ね歩いた。近距離にいくつもの城があり遺構もよく残るので楽しい。山根城は市塙駅の裏にあるので便利だった。公園化されているが遺構の保存に配慮がされているので見ていて気持ちがいい。まるで皆川城のようにサザエの殻が渦を巻く形状をした山根城だが、誰がこの城を築いたのかはよくわからない。回転式の滑り台のように廻る横堀を見下ろすのが面白かったのと主郭にある展望台からの景色も美しかった。
真岡鉄道「市塙」下車 徒歩10分
栃木の城/下野新聞社・山根城跡案内板
2012/02/04