別 名
所在地 栃木県芳賀郡市貝町市塙
築城者 千本氏
築城年
廃城年 天正13年(1585)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 芦原城は千本氏に家臣が居城としていたという。天正13年(1585)に千本資俊は本家筋にあたる那須資晴に謀殺された。芦原城には千本氏から嫁いでいた姫がいたが千本城の落城を知り井戸に身投げをして死んだという伝承が残るが、残念ながらその井戸は見つけられなかった。
芦原城 空堀 土塁
土塁 空堀 空堀
 公園となっている山根城の東側にある城なので当然のように立ち寄ってみた。堀切一本で二つの城は隔てられているが、整備されている山根城に対して芦原城は手つかずだった。綺麗な公園のあとにいきなり暗い雑木林と藪の中へ入るのは気が引けたが仕方ない。雑木林の中には空堀と土塁が残っているが郭の配置はよくわからない。山根城とは地形的な制約も異なるため類似点は感じなかった。
真岡鉄道「市塙」下車 徒歩15分
栃木の城/下野新聞社
2012/02/04