別 名 長福寺城・新城
所在地 栃木県小山市八幡町
築城者 小山義政
築城年 天授6年/康暦2年(1380)
廃城年 永徳2年(1382)
現 状 やはた公園
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 小山義政の乱で取り立てられた城である。鎌倉公方足利氏満に対して乱を起こした小山義政は祇園城と鷲城の中間地点に長福城を築いて領土を要塞化して対抗した。永徳元(1381)に鎌倉から差し向けられた軍勢によって長福城は落城している。
 長福城は小山義政の乱とともに生まれて消えた短命な城だった。小山駅からの距離はそれほど遠くなかったと思うが、この日の暑さに意識朦朧としながらたどり着いた記憶しかない。早朝に中久喜城と結城城へ訪れたときはまだ涼しかったが午後は日差しが強く風もない。蒸し風呂のような小山市街をとぼとぼと歩き回り、帰りは小山城に立ち寄ることもせず小山駅に直行して涼んだ。
 長福城の遺構はわずかな土塁と空堀だけだった。自分が訪れたのは真夏なので雑草に埋もれていた。小さな公園に石碑が建ち、その傍らにヒマワリが元気良く咲いていたことを覚えている。
JR東北新幹線・宇都宮線・両毛線・水戸線「小山」下車 徒歩15分
栃木の城/下野新聞社・栃木県の歴史散歩/山川出版社
2005/08/28