別 名 神鳥谷曲輪・宿城
所在地 栃木県小山市神鳥谷
築城者 小山政光
築城年 平安時代末期
廃城年
現 状 宅地
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 平安時代末期に小山政光が築いた館城である。小山義政の乱以前の小山氏代々の拠点とされ宿城とも呼ばれた。
 古い時代の小山氏の居館跡とされるが遺構はほとんど失われ、JR東北本線の線路際に土塁が一部残るだけだった。航空写真を見ると方形居館の面影が残り現存する土塁は東側のものであることがわかる。土塁は南北に長く伸びているが宅地が建ち並んでいるために南側の一部しか見ることができなかった。
JR東北新幹線・宇都宮線・両毛線・水戸線「小山」下車 徒歩20分
栃木の城/下野新聞社
2005/08/28