別 名
所在地 栃木県芳賀郡市貝町杉山
築城者 薄根家継
築城年
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 杉山城の伝承は乏しく千本城の支城として築かれ薄根家継が守ったという言い伝えだけが残っているが、その時代背景はわからない。
杉山城 主郭跡の空堀 主郭跡の空堀
主郭跡の空堀 主郭跡の土塁 二の郭跡
 市貝町は優れた遺構を残す城跡が多かった。そのほとんどに案内板が設置されているのには頭が下がる思いがした。見知らぬ土地の城跡を訪ねるときは当然ながら場所がわからない。そんなときに道標や案内板があると本当にありがたく感じる。
 杉山城へは八幡宮の裏から少し直登すると着いた。最初は小さな城跡と思ったがそれは南西尾根に派生する郭だった。少し奥まで歩いてみると綺麗な横堀があり、それを越えると主郭へと着いたのでずいぶんと奥行きを感じさせる城だった。ひっそりとした森林にこれだけの遺構が残る城が眠っていることに驚かされる。二の郭へ行くためには藪だらけの堀切を越えなければならないが郭内はすっきりしていた。これだけ立派な遺構を残す杉山城の歴史はよくわからない。
真岡鉄道「市塙」下車 徒歩1時間
とちぎの古城を歩く/下野新聞社
2012/02/04