福島城
 
別 名
所在地 栃木県小山市城山町
築城者 徳川氏
築城年 元和年間(1615〜23)
廃城年 天和2年(1682)
現 状 小山御殿広場
遺 構 空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
備 考
評 価
三の丸跡の土塁
 
 小山城から道路を隔てて南には小山市役所があるが、その敷地内に小山御殿広場がある。小山城の一画であったが、関ヶ原の戦いに臨む徳川家康がここで野営を張り勝利した前例を吉として、将軍家の御殿が建てられた。
 僕が訪れたときは草が生えた空き地といった印象しかない。発掘調査が行われたあと遺構は埋め戻されたそうだが、航空写真で見る限りではごく普通の公園になっているようだった。
 
JR新幹線・宇都宮線・両毛線・水戸線「小山」下車 徒歩10分
 
2005/08/20・2009/03/07 日本城郭大系/新人物往来社
とちぎの古城を歩く/下野新聞社