別 名
所在地 栃木県小山市外城
築城者 小山義政
築城年 天授6年/康暦2年(1380)
廃城年 永徳2年(1382)
現 状 鷲神社・宅地・農地
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
評 価
 鷲城は一時的に祇園城に代わる小山氏の本拠地となっている。鎌倉時代の小山政光が築いたという説もあるが、一般的には南北朝時代に小山義政が築いた城とされている。いずれが正しいかはわからないが祇園城と並ぶ小山氏の拠点であることは間違いない。小山義政は野心家で波乱に富んだ生涯を送った人だが、下野国内の覇権を争い宇都宮基綱を敗死させたことで鎌倉公方足利氏満の追討を受けた。一度は降伏した義政であるが永徳2年(1382)に反旗を翻し、鷲城と祇園城をはじめ多くの支城を整備して鎌倉へ対抗した。東日本の武士団による攻撃で小山義政の乱は収束し義政は粕尾城で自害した。名族小山氏が絶えることを惜しんだ足利氏満は遠縁の結城基光の次男に小山氏を継がせている。鷲城はこの戦いで焼け落ちており戦後は祇園城の支城となった。
思川と鷲城 城址碑 鷲神社参道
鷲神社 土塁 土塁と空堀
虎口 土塁 土塁
 8月下旬の小山は午後から気温が上がり猛暑日となった。午前中の比較的涼しい時間に結城城と中久喜城へ訪れ、小山市街に戻ったのは昼過ぎだった。空は曇りから快晴となり一気に気温が上がったが風が吹かない。小山駅から歩いて長福城と神鳥谷館を見たあとに鷲城を訪ねたが暑さにやられてしまい鷲城のことはあまり覚えていない。
 古い記憶をたどってみると鷲城は祇園城と比べてずいぶんと見劣りするように思えた。室町時代のはじめに築かれた古式な城だが小山義政が反乱の拠点とした城にしてはやや寂しく思える。鷲城で一手に敵を迎えたわけではなく祇園城、中久喜城、長福城などの城郭網で待ち受けていたわけだから点ではなく線で捉えねばならないのだろう。
 ここで力尽きたのは小山義政だけではなく僕自身もだった。この3日前にも同じ栃木県内の児山城と多功城を訪ね歩き祇園城に来たところで熱中症に見舞われている。この日ももう少し歩いていたら危なかったと思うが、鷲城から思川に出たときに少し風が吹いていたので救われた思いがした。少し物足りなさは残るが戦国時代以前の城郭の姿が見られる意味では貴重な城だと思う。
JR東北新幹線・宇都宮線・両毛線・水戸線「小山」下車 徒歩30分
日本城郭大系/新人物往来社・とちぎの古城を歩く/下野新聞社
2005/08/28