福島城
 
別 名
所在地 栃木県小山市外城
築城者 小山義政
築城年 天授6年/康暦2年(1380)
廃城年 永徳2年(1382)
現 状 鷲神社・宅地・農地
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
備 考
評 価
土塁と空堀
遠景 鷲神社 土塁
土塁と空堀 土塁 虎口
 
 8月下旬の小山は午後から気温が上がり猛暑日となった。午前中の比較的涼しい時間に結城城と中久喜城へ訪れ、小山市街に戻ったのは昼過ぎだった。空は曇りから快晴となり一気に気温が上がった。小山駅から歩いて長福城と神鳥谷館を見たあとに鷲城を訪ねたが、暑さにやられてしまい鷲城のことはあまり覚えていない。
 古い記憶をたどってみると、祇園城と比べればずいぶんと見劣りするように思えた。室町時代のはじめに築かれた古式な城だが、小山義政が反乱の拠点とした城にしてはやや寂しく思える。鷲城で一手に敵を迎えたわけではなく、祇園城、中久喜城、長福城などの城郭網で待ち受けていたわけだから、点ではなく線で捉えねばならないのだろう。
 ここで力尽きたのは小山義政だけではなく僕自身もだった。この3日前にも同じ栃木県内の児山城と多功城を訪ね歩き、祇園城に来たところで完全な熱中症に見舞われている。この日ももう少し歩いていたら危なかったと思うが、鷲城から思川に出たときに少し風が吹いていたので救われた思いがした。あまり見ていない城だが、再訪するには少し物足りない城だと思う。
 
JR新幹線・宇都宮線・両毛線・水戸線「小山」下車 徒歩30分
 
2005/08/28 日本城郭大系/新人物往来社
とちぎの古城を歩く/下野新聞社