福島城
 
別 名 岩壺城・亀城・栃井城
所在地 栃木県小山市中久喜
築城者 小山政光
築城年 久寿2年(1155)
廃城年 慶長6年(1601)
現 状 宅地・山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
備 考
評 価
土塁
遠景 土塁 主郭
 
 この頃はなぜか小山に出かけることが多かった。たぶん小山氏とその周辺に点在する史跡に興味があったのだと思う。小山駅を起点として小さな旅を繰り返したものだった。小山から結城へ向かう途中にある中久喜城に立ち寄ったのもその頃だった。
 午前中は曇り空で風もあり、中久喜城はそれほど暑さを感じることなく歩いている。遺構は夏草に埋もれてあまりよくわからなかった。もともと中久喜城は水戸線で分断されており、北側はほとんど宅地化されてしまっている。そのため印象が薄い。中久喜城から結城城までは想像していたよりも近かった。中久喜城は岩壺城とか呼ばれていたらしいが、結城氏と小山氏が和睦したときにこの城で会見し、両者の領地の真ん中で久しく喜べるように中久喜と名づけたという。
 
JR水戸線「小田林」下車 徒歩15分
 
2005/08/28 日本城郭大系/新人物往来社
とちぎの古城を歩く/下野新聞社