別 名
所在地 栃木県栃木市大平町川連
築城者 川連仲利
築城年 応仁年間(1467〜69)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 宅地・農地
遺 構 土塁・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 旧大平町指定史跡
評 価
 室町時代の応仁年間(1467〜69)に小野寺氏の一族川連伊賀守仲利が築いた城という。小野寺氏は後に出羽で戦国大名へ雄飛した一族である。川連城は佐野氏と皆川氏の領地が接する要所に築かれていたために幾度か争奪戦が行なわれている。天正6年(1578)に佐野氏の被官平野久国が川連城に夜襲を仕掛け川連仲重は討死した。後に皆川勢が川連城を奪い返したが天正18年(1590)に皆川広照は北条氏に従い小田原城で籠城していたため居城の皆川城は戦わずして開城し支配下にあった川連城は廃城となった。
城址碑 二の郭跡の土塁 二の郭跡の土塁
土塁と水堀 水堀 水堀
 川連城は道路で分断されて圃場整備や区画整理でほとんど痕跡がないという評判だった。石碑と案内板があるのが救いという程度の扱いとされていたので通りかかったついでに石碑の撮影でもしようという軽い気持ちで立ち寄った。
 激しく降った雨は上がり雲間から青空が見え始めた頃に川連城に着いた。石碑と案内板を眺めたあと本当に何も残っていないのか確かめてみたくなり、歩道橋の上から俯瞰したり航空写真を確認するなどして回廊のような路地を行き来した。丹念に捜し歩けば意外と遺構があるもので土塁と水堀があちこちに散らばっていた。川連城をこれだけ掘り下げて観察した人はあまりいないと思う。おかげで前評判とは裏腹に内容の濃い探訪となった。
JR両毛線・東武日光線「栃木」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社・とちぎの古城を歩く/下野新聞社
2012/05/04