別 名 花岡城・中泉城
所在地 栃木県栃木市藤岡町藤岡
築城者 足利成行
築城年 寛仁2年(1018)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 三所神社・農地・工場
遺 構 郭・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 藤岡城の起源は承平2年(932)に平将門が築いた花岡館に始まるという。将門が討ち果たされたあと花岡館は廃されたが、寛仁2年(1018)に藤原氏の末裔足利成行が花岡館の跡地に中泉城を築き家臣の佐貫重光に守らせた。藤姓足利氏は源頼朝に敵対したため早々に滅んでしまうが、その末裔の富士氏が居城としてしている。富士氏は藤岡氏と改姓しているのでこの時代に藤岡城と呼ばれるようになったのだろう。誇張はあると思うが栃木県内ではもっとも古い城のひとつであることには違いない。藤岡城は天正5年(1577)に佐野宗綱の攻撃を受け落城し茂呂久重が代わって城主となった。
案内板 主郭跡 主郭跡の三所神社
堀跡 堀跡 堀跡
 旧藤岡町の城館探訪は冬晴れの気持ちの良い一日だった。藤岡町は残念ながら特筆すべき城館はない。かろうじて藤岡城がわずかながらも遺構を残している程度だった。ここから藤岡町に残る城館跡を訪ね歩いたがどれも今ひとつの印象しかない。せっかく来たので図書館へ立ち寄り藤岡町史を購入した。
 城跡は工場や農地となってしまいほとんど跡形もないが堀跡が畑となって残っている。主郭跡には小さな神社があり幾分か城跡らしい雰囲気が感じられる。その当時は湿地に浮かぶ島のような城だったものと思うが、堀底と郭との高低差はあまりないので要害ぶりを思い浮かべるのは難しかった。
東武日光線「藤岡」下車 徒歩10分
藤岡町史
2009/01/25