福島城
 
別 名
所在地 栃木県鹿沼市上石川
築城者 石川氏
築城年
廃城年 慶長2年(1597)
現 状 宅地・農地
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
土塁
遠景 空堀 土塁
 
 清和源氏の血をひき宇都宮氏に仕えていた石川氏の居城で、戦国時代末期には石川内膳正が茂呂城や深津城と連携しつつ北条氏と結んだ壬生氏に備えていた。根裂神社の南側一帯が石川城であり、末裔の人たちが今も居住している。遺構は断片的だが、北に空堀が残り、南へ歩くと曲がり角の東に土塁と空堀が残っていた。ここは民家が建っていないので遺構が確認しやすい。
 
東武日光線「新鹿沼」下車
鹿沼市コミュニティバス「運転免許センター」行で「上石川小前」下車 徒歩10分
 
2015/12/14 栃木の城/下野新聞社