別 名 佐野宗綱塁
所在地 栃木県佐野市富士町
築城者 大貫政宗
築城年 戦国時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 宅地・農地
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 佐野宗綱が討死したあとの佐野氏は北条氏忠を養子に迎え家名の存続を図った。名門佐野氏もこうして生き残りを模索したわけだが、親北条派として氏忠の擁立を推したのが大貫越中守政宗だった。佐野宗綱が築いた砦が政宗の居館として使用されたらしいが詳しい歴史はあまりよくわからない。氏忠は唐沢山城に入らず麓の屋形山城で政務を執ったようだが政宗の居館もそのすぐそばにあったことがわかる。
 佐野駅から見ると北東の方角で大河ドラマの真田丸でも紹介された犬伏の隣町にあたる。関ヶ原の戦いを前にして真田昌幸と信繁が西軍につき嫡男の信幸が東軍へつく名場面である。訪れることはなかったがドラマの影響で今は案内板があるらしい。大貫氏の館については案内板もなく忘れ去られているがわずかながらも土塁と堀の一部が残されているという。
JR両毛線・東武佐野線「佐野」下車 徒歩45分
佐野の城館跡/佐野市郷土博物館
2017/11/25