福島城
 
別 名 亀ヶ丘城・唐糸城
所在地 栃木県宇都宮市本丸町
築城者 藤原宗円
築城年 康平6年(1063)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 宇都宮城址公園
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物 櫓・石垣・土塁
史跡指定
備 考
評 価
本丸
本丸 清明台櫓 本丸 富士見櫓 本丸
本丸 土塁と水堀 本丸 石垣 三の丸 土塁
 
 宇都宮城へ初めて訪れたのは90年代半ばだった。名物の餃子を食べに出かけたついでに立ち寄っている。宇都宮城は早くから遺構が失われて城跡の体裁を成していないことは知っていたが、当時は本丸跡が公園として整備され、申し訳程度の浅い水堀が造られていた。土塁と思われていた塚は本来の土塁に崩した土塁の残土を盛ったものだという。宇都宮の市街地は戊辰戦争で炎上し太平洋戦争でも少なからぬ被害を受けているので、破壊は行政のせいとも言い切れない面はある。
 ほとんど忘れかけていた頃に宇都宮城が復元されることを新聞で読んだ。完成予想図を見ると本丸の土塁と水堀が復元され、2基の櫓が木造で復元されるという、完成したらぜひ訪れてみたいと思わせる計画だった。平成の城郭復元は木造の施工による本格的なものばかりなので期待は大きく膨らみ、関東七名城に数えられた宇都宮城の勇姿を心待ちにしていた。
 期待は大きすぎたようだった。実際に訪れたときに見たのは復元された城ではなかった。それについては多くを語らないが、寄付金と税金を投入して出来上がった公園を見て宇都宮の人はどう思ったのだろう。今後は城門を復元する計画があるというが、これではもう誰も寄付などしないだろう。たとえ復元されても自分はもう行かないと思う。宇都宮氏と興亡をともにし、近世は江戸の備えとして奥州口の守りを固めた名城としてはあまりにも滑稽かつ無残な姿である。
 
JR新幹線・宇都宮線・日光線・烏山線「宇都宮」下車 徒歩25分
 
2008/01/05 日本城郭大系/新人物往来社
とちぎの古城を歩く/下野新聞社