福島城
 
別 名 真岡城・舞ヶ丘城
所在地 栃木県真岡市台町
築城者 芳賀高貞
築城年 貞治元年(1362)
廃城年 慶長2年(1597)
現 状 真岡小学校
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
横堀
遠景 虎口 腰郭
主郭 土塁 主郭 横堀 水堀跡
 
 真岡城は真岡小学校と城山公園となっているのでそれほど遺構に期待していなかった。城跡は均されて校庭や校舎になっているが、想像していたより遺構は残っており、これだけ残っていれば十分だった。
 真岡小学校の校庭の端に土塁が残されている。特に北側から西側にかけて遺構がよく残り台地中腹に横堀がある。平地部分には水堀の跡が明確に残っていた。城山公園については無意味な石垣が施されて、城跡とはほとんど関わりのない親水公園になっている。
 益子氏とともに紀清両党として武勇を謳われた芳賀氏の居城である。宇都宮氏は楠木正成をも恐れさせた武勇で鳴る家柄だが、家中にも勇猛で知られた武将が多い。芳賀氏はその中でも勇猛果敢な当主を生んでいる。宇都宮氏の名代として遠征し関東の至るところで戦っている。そうしているうちにやや傲慢な気風が生まれてしまったのだろう。豊臣政権下でも芳賀氏が反豊臣の強硬路線を崩さなかったことが宇都宮氏改易の遠因になっている。
 
真岡鉄道「真岡」下車 徒歩10分
 
2012/02/04 日本城郭大系/新人物往来社
とちぎの古城を歩く/下野新聞社