別 名
所在地 栃木県足利市上渋垂町
築城者 渋垂氏
築城年 鎌倉時代
廃城年
現 状 宅地
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 鎌倉時代に渋垂氏が築いた渋垂城は宅地となっている。陣屋のような造りの立派な旧家だった。内部を見ることはできないが垣根ごしには土塁と堀が見える。地図で見ると楕円形をした城域だったことがわかるが道路は堀を埋めてて造られたのだろう。
 東武伊勢崎線の沿線には城館跡が多い。近い間隔でいくつもの城館があって面白いのだが、列車の本数が少ないために結局は歩いて移動することになる。この日も足利市内まで歩き通しだった。さすがに最後は疲れがたまり足利駅からの帰路が長く感じたものである。
東武伊勢崎線「福居」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社
2007/11/24