福島城
 
別 名
所在地 栃木県真岡市中
築城者 中村朝宗
築城年 保元元年(1156)
廃城年 天文13年(1544)
現 状 遍照寺
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 栃木県指定史跡
備 考
評 価
空堀
二重土塁 空堀 空堀
 
 奥州伊達氏の祖先となった中村氏の居城は今も方形居館の姿をはっきりと残していた。平城はあっという間に土地開発の波に呑まれてしまうことが多いが、中村城は遍照寺境内となったことが幸いしている。鎌倉時代そのままというわけではないだろうが、基本的な形状はそのまま使われてきたと見て間違いない。北側は二重土塁で厳重に守られているが、戦国時代半ばまで使われた城なので副郭を配した縄張りに発展を遂げていたものと思う。
 源頼朝が奥州藤原氏を討伐した戦いに従軍した功で、中村宗村は伊達郡に赴任しそのまま伊達氏の祖となった。弟の中村朝定は下野に残り中村城を居城としている。中村一族は戦乱の荒波を生き抜いてきたが、猛将で知られた水谷蟠龍斎に攻め込まれ長い歴史に幕を閉じた。
 
真岡鉄道「寺内」下車 徒歩30分
 
2012/02/04 日本城郭大系/新人物往来社
とちぎの古城を歩く/下野新聞社