別 名 川島氏館・西馬場城
所在地 栃木県足利市高松町
築城者 川島宗満
築城年 永禄年間(1558〜70)
廃城年
現 状 宅地
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 足利市指定史跡
評 価
 館林城主の赤井氏が居城としたということが案内板には記されていたが、日本城郭大系の記述によれば戦国時代に川島宗満が築いたとしている。川島氏は赤井氏の家臣であり現在も末裔の方が暮らしていることを考えれば川島氏の居城ということが正しいと思う。川島氏の子孫は江戸時代も名主として続き今に至る。
虎口 土塁と空堀 高松天神山古墳
 何となく遠くへ行きたくなった。そうは言ってもこの月のはじめに関西へ遠征しており、また台風の被害で運行を停止している路線もあるし山城は相当に荒れていることが予想される。あまり遠すぎる場所を選ぶわけにもいかず足利市を選択した。せっかくなのでまだ訪れていない城跡を中心に据えたが遺構があるのはこの高松城ぐらいだった。
 早朝の時間帯に屋敷の入口まで来てみたが案内板と標柱を眺めるにとどまった。地主の方は見学者に対して好意的らしいが誰もいないのに他人の敷地に入るわけにもいかず垣根越しに空堀を撮影して立ち去った。北西に残る遺構が良い状態ということなので歩いてみたが私有地ばかりで近くまでは行けない。北西の外れに高松天神山古墳があるが大きさといい櫓台の代用として用いられていたのだろう。敷地内の遺構がとても良い状態で残されているのがわかっているだけに少し残念だった。
東武伊勢崎線「多々良」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社・とちぎの古城を歩く/下野新聞社・栃木の城/下野新聞社
2019/10/28