別 名
所在地 栃木県足利市高松町
築城者 小曾根政義
築城年 天正年間(1573〜92)
廃城年
現 状 宅地
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 鉢形城主と伝わる小曾根政義は館林城の赤井氏に仕えていた武士で同じ足利市内の小曾根町が発祥の地である。足利市と館林市にかけては小曾根氏との関わりがある城がいくつかあるので領地も広かったらしい。
 高松城から歩いて10分ほどで鉢形城へと着いた。鉢形城と聞けばどうしても埼玉県大里郡寄居町にある巨大な城郭を思い浮かべるが、足利市にある鉢形城は小さな土豪の城である。
 鉢形城は宅地化の波に呑み込まれているが堀がそのまま道路となったようで城の形はわかる。中心と思われる民家の垣根沿いに土塁の一部が残存しており赤い鳥居と小さな社が建っていた。石碑に目を通すが大願成就と刻まれた文字しか判読できなかったが城だとか館という文字はなかったように思う。
東武伊勢崎線「多々良」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社
2019/10/28