別 名 清水城・吉水城
所在地 栃木県佐野市吉水町
築城者 佐野国綱
築城年 安貞2年(1228)
廃城年 慶長19年(1614)
現 状 興聖寺
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 佐野市指定史跡
評 価
 佐野国綱が一族の岩崎義基のために築いた城といわれている。義基は木曽義仲の遺児清水義高の世を欺く仮名で佐野家中では西佐野殿と呼ばれて大切に遇されたという。義高は武蔵入間で殺されているが伝承が遠い佐野で残っていることが歴史の面白さだと思う。これとは別に藤原秀郷が唐沢山城を築城したときに湧水の豊富なこの土地に居館を築いたという伝承がある。いずれも清水に関連した言い伝えであり興聖寺城付近の水の豊かさを伝えている。
標柱と案内板 虎口の土塁 土塁
土塁 土塁 空堀
 興聖寺城に初めて来たときは中学時代の友人と一緒だった。唐沢山城へ登る前に立ち寄ったが遺構の確認が容易で思わぬ収穫と思ったことを覚えている。境内を囲むようにして土塁が残り虎口もきれいに残されている。唐沢山城を再訪したときに再び立ち寄ったが以前よりも雑草が増えていた。 
東武佐野線「吉水」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社・とちぎの古城を歩く/下野新聞社
2007/09/23・2012/10/24