別 名 豊代城・正雲寺城
所在地 栃木県佐野市豊代町
築城者 佐野常世
築城年 鎌倉時代
廃城年
現 状 農地
遺 構 郭・土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 謡曲鉢木の話は歴史の教科書にも載っていたので知っている人も多いと思う。冬の日に禅僧が武士の屋敷を訪ねたときに貧しい暮らしをしていたその武士は大切な鉢植えの木を火にくべて暖を取らせるという話だ。禅僧は北条時頼で武士は佐野源左衛門常世とされている。佐野氏系図に佐野常世の名はなく時頼が諸国を旅したということもない。話の続きは鎌倉で陣触れが出されたときに常世が夜話で語った通りに駆けつけて時頼に本領を回復してもらい恩賞を与えられたという結末である。
公民館の幟 土塁 館跡
土塁 土塁 佐野常世墓碑
 佐野源左衛門常世の話は創作として片づけられているが、館跡の遺構は残っていて佐野氏一族の居館と推定されている。付近には常世の墓があったが室町時代の造りと思われる。歴史には常世の他にも有名ながら実在が疑われる人物が多い。常総を駆けた栗林義長や武田家の軍師山本勘助も一級史料には登場しない。それはそれで良いと思うし実証するのは無意味なことで伝説の中での活躍を楽しめばいい。
東武佐野線「葛生」下車 万葉浪漫バス「木浦原」行で「奥平前」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社・佐野の城館跡/佐野市郷土博物館
2017/11/25