福島城
 
別 名
所在地 群馬県利根郡みなかみ町下津
築城者 名胡桃景冬
築城年 明応元年(1492)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 城址公園
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物 土塁
史跡指定 群馬県指定史跡
備 考 続日本100名城
評 価
主郭 堀切
遠景 三の郭 堀切 二の郭 堀切
二の郭 堀切 主郭 虎口 主郭
堀切 笹曲輪 眺望
 
 梅雨の頃にちょっとした休みが取得できた。どこへ行っても蒸し暑い時期でもあり、上越新幹線に乗り上毛高原駅まで来てみた。高原とは名ばかりで長野のように涼しいわけでもなく、関東の平野部と比べれば多少はしのぎやすい程度だった。
 上毛高原駅から5分も歩けば小川城がある。小川城を訪ねたあとは駅に戻りタクシーを使って名胡桃城を訪れた。遺構を楽しむというよりも名胡桃城が持つ歴史的な背景に興味があった。戦国時代を終わらせる発端となった城とは思えないほどひっそりしていた。
 知名度はある城だが僕が訪れた当時は忘れ去られた古城という雰囲気だった。大河ドラマ真田丸の放映に合わせるように土塁が復元されるなどして観光名所となったが、やはり戦国の古城は静かなほうがいい。
 農地化で本来の土塁は失われていたが、郭のかたちははっきり残っている。こんなに小さな城が歴史を揺り動かしたとは思えないほどだ。ここまで来ると同じ関東地方でも埼玉県や東京西部とは生物相が違う。そんなことにも興味を示しつつ歩いた。たまに小雨が降る天候も気にはならない程度だった。今は多くの人が訪れるようになったと聞くが、流行は一過性のものでそのうち昔のような古城に戻るのだろう。
 
JR上越線「後閑」下車 徒歩30分
 
2008/06/19 日本城郭大系/新人物往来社
戦国の堅城/学研