別 名
所在地 群馬県利根郡みなかみ町下津
築城者 名胡桃景冬
築城年 明応元年(1492)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 史跡名胡桃城址
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物 土塁
史跡指定 群馬県指定史跡
評 価
 沼田氏の一族名胡桃景冬によって築かれたが、今に残る姿は武田勝頼の命令で真田昌幸が改修を加えたものである。真田氏と北条氏とが領地を接する名胡桃城周辺では幾度も激しい戦いがあったが、このときの昌幸の戦いぶりは加沢記によって生き生きと伝えられている。
 名胡桃城を何より有名にしたのは北条氏の重臣猪俣邦憲による争奪だろう。真田領にあった名胡桃城を奪ったことで北条氏は豊臣秀吉に討伐の大義名分を与えてしまい、北条側の釈明は聞き入れられることもなく3年を待たずに北条氏は滅亡することになる。寒村の崖端城がまさか日本史を揺るがす大事件の舞台となるとは城を奪った猪俣邦憲にしてみれば思いもかけないことだったろう。捕捉補足すると昌幸は真田氏代々の墓が名胡桃にあることを理由に飛び地として名胡桃城を自らの所領としたが、真田氏累代の墓所は真田郷にあるのでまったくの嘘ということになる。このあたりも策謀家の昌幸らしい所業と言える。
名胡桃城 般若曲輪跡 丸馬出し跡
三の丸跡の堀切 二の丸跡の堀切 二の丸跡
本丸跡の堀切 本丸跡の堀切 本丸跡
本丸跡の土塁 袖曲輪跡 名胡桃城からの眺望
 梅雨の頃にちょっとした休みが取得できた。どこへ行っても蒸し暑い時期でもあり上越新幹線に乗り上毛高原駅まで来てみた。高原とは名ばかりで信州のように涼しいわけでもなく関東の平野部と比べれば多少しのぎやすいという程度だった。上毛高原駅から5分も歩けば小川城がある。小川城を訪ねたあとは駅に戻りタクシーを使って名胡桃城を訪れたが駅前に停車しているタクシーは数台しかいない。名胡桃城については遺構を楽しむことより歴史的な背景に興味があった。戦国時代を終わらせる発端となった城とは思えないほどひっそりした城である。
 知名度はある城だが僕が訪れた当時は忘れ去られた古城という雰囲気だった。真田氏を主題とした大河ドラマの放映に合わせるように土塁が復元されるなどして観光名所となったが、良い監修者に恵まれなかったようで今ひとつの復元度である。人は多く訪れるようになったので役所の目算は当たったと言えるのだろうが、戦国の古城は静かなほうがいい。
 農地化で本来の土塁は失われていたが郭のかたちははっきり残っている。こんなに小さな城が歴史を揺り動かしたとは思えないほどだった。ここまで来ると同じ関東地方でも埼玉県や東京都とは生物相が違う。関東南部では見られないようなチョウが舞っていたが、そんなことにも興味を示しつつ歩いた。たまに小雨が降る天候も気にはならない程度だった。今は多くの人が訪れるようになったと聞くが流行は一過性のものでそのうち昔のような古城に戻るのだろう。
JR上越線「後閑」下車 徒歩30分
日本城郭大系/新人物往来社・戦国の堅城/学研
2008/06/19