別 名 阿曾城
所在地 群馬県利根郡昭和村橡久保
築城者 沼田氏
築城年 天正年間(1573〜91)
廃城年
現 状 公園
遺 構 郭・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 昭和村指定史跡
評 価
 阿岨城は沼田城の支城として築かれ天正元年(1573)に沼田万鬼斎が幕岩城から沼田城に居城を移したときに愛妾の兄金子美濃守に与えられた。天正10年(1582)に北条氏邦は大軍を率いて長井坂城などを次々と攻略したときに阿岨城も陥落したとされる。阿岨城の歴史は加沢記に頼るところが多く信憑性という点では少し心もとないが、北条氏の夜襲を受け沼田万鬼斎に城を任されていた金子美濃守は馬に跨り断崖を滑り落ちて沼田城へ逃亡したとことが生き生きと描かれている。
阿岨城 二の郭跡 二の郭跡の空堀
二の郭跡の空堀 主郭跡 主郭跡の空堀
 再訪した長井坂城をのんびりと楽しんだあとは昼食にはまだ早いため阿岨城へと向かった。渋川を過ぎると利根川が削り取った断崖にいくつもの城が築かれている。阿岨城もそうした崖端城で急峻な地形を利用して築かれた代償として城の大部分が崩落している。辛うじて残された部分が公園として整備されているが農地となった時代に土塁は削られてしまったらしい。群馬県は今も農業が産業の中心なので仕方のないことだと思う。それでも空堀はとても綺麗に残っているし案内板や標柱なども充実している。
 やや雲が多かったが概ね青空に恵まれ赤く染まった木々が阿岨城を美しく染めていた。空堀は雑草が刈り取られて清潔感があった。この地方に多い崖端城であるが崖の崩落や戦後の農地化により往時よりもその範囲は狭まっているようだった。土塁はほとんどが削り取られているが巨大な空堀が今も阿岨城の盛時の面影を留めている。
JR上越線「岩本」下車 徒歩1時間15分
阿岨城跡案内板・群馬の古城/あかぎ出版
2018/11/26