福島城
 
別 名
所在地 群馬県利根郡みなかみ町月夜野
築城者 沼田景久
築城年 明応元年(1492)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 みなかみ町指定史跡
備 考
評 価
本丸 空堀
二の丸 本丸 空堀 本丸 空堀
本丸 本丸 土塁 本丸 土塁
 
 梅雨を迎えた頃にまとまった休みが入った。どこも蒸し暑いので出かけるのが億劫な時期でもある。少しでも涼しい場所に行きたいということで上越新幹線を利用して上毛高原駅で降り、駅から近い小川城を訪ねた。高原とは名ばかりで涼しくもなかったが、小雨模様で陽射しがないのは幸いだった。
 小川城は小さな城だが遺構は良く残っていた。旅先に到着して最初の城がこれぐらい充実していると嬉しい。鋭角に掘られた空堀は十分な見応えがあった。本丸は草に埋もれていたが、設置された案内板に細かい字でびっしりと小川城の歴史が紹介されている。内容はかなりいい加減で、北条氏がまだ河越城すら落としていない1524年に小川城を攻め落としたと書かれている。小川可遊斎も50年ほど小川城を守った計算になるから、親子二代の事跡が混同されているのかもしれない。
 誰もいない城跡でのんびり過ごすのは気持ちがいい。歴史とはまったく関係ないが、本丸跡で珍しいチョウを見つけた。オオムラサキかと見紛い追いかけたチョウは親戚筋にあたるコムラサキだった。
 
JR新幹線「上毛高原」下車 徒歩5分
 
2008/06/19 日本城郭大系/新人物往来社
群馬の古城/あかぎ出版