別 名
所在地 群馬県吾妻郡東吾妻町原町
築城者 吾妻氏
築城年 建久年間(1190〜99)
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 吾妻氏が築いたとされるが鎌倉時代の伝承しか残されていない。それによれば承久3年(1221)に宇治川の戦いで討死した吾妻助光に代わり実権を握った家臣の大野氏の居城であったという。大野憲直のときに同僚の塩谷氏と秋間氏との勢力争いに勝利し岩櫃城を築いたとされるが吾妻氏そのものの歴史が曖昧なためにどこまで真実なのかわからない。
主郭跡の虎口 主郭跡の空堀 主郭跡の土塁
主郭跡の土塁 虎口の石積み 二の郭跡
二の郭跡の空堀 二の郭跡の空堀 二の郭跡の土塁
 紅葉に染まる岩櫃城へ訪れた日は快晴で過ごしやすい一日だった。吾妻川沿いにはたくさんの城があり、時間が許す限り訪ねてみたが、その中でも特筆に値したのは稲荷城だった。図面を見ても城が持つ素晴らしさはなかなか伝わらない。稲荷城もそれほどの期待はせずに帰りの道沿いにあるという理由で立ち寄ったが驚くほどの遺構が残る城だった。
 当然ながら戦国時代まで使用されたことは疑いのないところだが遺構は何も答えてはくれない。稲荷神社から登り民家の脇を通り抜けて雑木林へ入ると大きな土塁と虎口が待っていた。空堀は深く土塁は高く積まれており主郭の虎口にはわずかだが石積も残る。この規模の城であるなら戦国時代まで岩櫃城の支城として真田氏による改修を受けていると思う。歴史を紐解くことなどどうでもいいと思えるぐらい素晴らしい城だった。
JR吾妻線「群馬原町」下車 徒歩20分
日本城郭大系/新人物往来社
2015/10/31