別 名 尾曳城
所在地 群馬県館林市城町
築城者 赤井照光
築城年 弘治2年(1556)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 館林市役所
遺 構 郭・土塁・水堀
移築建造物 石垣
再建建造物 門・塀
史跡指定 館林市指定史跡
評 価
 弘治2年(1556)に赤井照光は狐の導きで館林城を築いたという。村の子どもたちに捕えられた子狐を逃がしてやると夜に狐が礼を述べにやってきた。狐は尾で新たな城の縄張を描き照光にここに城を築くようにと伝えた。天正18年(1590)の北条征伐では石田三成が館林城を囲んだが沼に伐採した樹木を筏に組んで並べて道を造っても朝になると筏はすべて沈んでいた。これも守護神である狐の仕業という言い伝えが残されている。戦後は徳川四天王の一人榊原康政が10万石で入封し江戸時代には徳川綱吉も館林城主を務めている。
城沼 尾曳曲輪跡の土塁 三の丸跡の土橋門
三の丸跡の土塁 復元石垣 総構の土塁
総構の水堀 総構の水堀 榊原康政の墓
 館林城にはじめて訪れたのは晩秋だったが群馬県なのでかなり寒かったことを覚えている。館林駅前では登校前の高校生の男女が煙草を吸っていた。まだ昭和の気風が残っていたと言うべきか昔の駅前はどこもこんな感じだったので別に驚きもしなかった。駅から城跡まではとても遠く感じたが初めての土地だから無理もない。このときは三の丸から本丸にかけてを散策して帰っているが城沼が綺麗だった。
 6年後の真夏に友人と再訪したが夏らしい青い空がとても気持ち良かった。友人の案内で総構の土塁と水堀を見ることができたのと榊原康政の墓を見ることができた。徳川家康とその家臣団はそれほど好きではないが、榊原康政と本多忠勝は例外で二人の居城と墓を訪ねることができたのは有意義だった。城沼の埋め立てで往時の要害ぶりはあまり感じられなくなっているが、総構の遺構まで見るとそれまでの見方が変わってくる。湿地を障害に見立てた広大な面積を誇る城で上杉謙信と北条氏が重要な支城としたことがよくわかった。
東武伊勢崎線「館林」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社
2006/11/03・2012/07/31