福島城
 
別 名
所在地 群馬県吾妻郡中之条町市城
築城者 真田昌幸
築城年 天正年間(1573〜92)
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・堀切
移築建造物
再建建造物 櫓・柵
史跡指定
備 考
評 価
眺望
 
 岩櫃城へ向かう途中、奇岩が威容を放つ岩井堂砦の勇姿に見惚れていた。そのとき断崖上に櫓風の建物があることに気づいた。近くまで来てみると復元された柵や旗指物がある。砦へ続く階段の手前に案内板があった。大河ドラマで真田丸が放映される前年のことだが、おそらくこの砦も真田氏の人気にあやかり整備の予算が組まれたものと思う。
 岩井堂砦の死角を補うための砦と案内板に書かれていたが、それにしては低すぎる。砦は南城と北城で成り立つようで、復元されているのは南郭ということになる。北郭にも訪れてみたが廃屋となった飲食店の東からあった道は途中で消える。予算の関係か未整備で藪に覆われたままの状態で遺構もそれほど明確ではなかった。
 
JR吾妻線「小野上温泉」下車 徒歩25分
 
2015/10/31 市城砦跡案内板
 
熊出没注意