別 名
所在地 群馬県甘楽郡甘楽町国峰
築城者 小幡氏
築城年 仁治年間(1240〜42)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 甘楽町指定史跡
評 価
 鎌倉時代に小幡氏が築き戦国時代の終わりまでその居城となったのが国峰城である。小幡氏は児玉党出身であり秩父平四郎行高の子行頼が小幡氏を名乗った。室町時代の小幡氏は山内上杉氏の被官として行動したが、戦国時代に山内上杉憲政から関東管領職と上杉氏の名跡を譲り受けた上杉謙信に従った一族と旧権威に見切りをつけた一族とに分かれた。国峰城の小幡憲重は後者の道を選び河越城の戦いで敗れた上杉憲政を平井城に攻め、武田信玄が上州へ侵攻を開始すると武田氏に従属した。武田氏と敵対する箕輪城の長野業政が国峰城を奪い小幡景定を城将としたが、永禄4年(1561)に信玄は国峰城を奪回し小幡信貞を城主に据えた。内藤昌豊が箕輪城主に着任し武田氏西上州支配が盤石なものとなると小幡信貞率いる赤備えの騎馬隊は常勝武田軍の手先となって各地を転戦した。
 外様ながら信玄の信頼厚かった信貞は三増峠の戦いや三方ヶ原の戦いに出陣し活躍したが、天正3年(1575)の長篠の戦いで敗北し武田氏滅亡後は織田信長の重臣滝川一益に降り、本能寺の変で関東の情勢が一変すると北条氏直に従った。天正18年(1590)に豊臣秀吉が北条氏討伐の軍を起こすと信貞は小田原城に籠城し国峰城は上杉景勝の家臣藤田信吉に攻略された。信貞は旧知の真田昌幸のもとで余生を送るが養子の直之は箕輪城主となった井伊直政の周旋で徳川家康に召し出され小幡の赤備えは井伊氏に引き継がれた。
国峰城 御殿平 小幡氏の碑
山麓の切通し 竪堀 石積み
主郭跡 西尾根の堀切 西尾根の堀切
北尾根の堀切 北尾根の堀切 北尾根の郭跡
 遠いために行く機会がなかった国峰城だが友人の誘いでようやく訪れることができた。誰に聞いても良い城という答えが返ってくるが実際に訪れてみるとその通りだった。戦国時代の山城らしい荒々しさを残す遺構の連続に気分が高まった。岩盤を削り取る豪快な堀切とは逆に郭の削平はとても綺麗にされていたことが印象に残る。
 想像していたよりも城域は狭かったが随所に力が入っている印象を受けた。見学路は整備されているので迷うこともなく城内を見ることができる。主郭から北へ伸びる尾根に残る遺構は迫力があり西の尾根の守りも堅い。裾野には居館が置かれたであろう御殿平が広がり長きに亘り君臨した小幡氏の権威を見ることができる。小幡氏は武田氏に従い諸国を転戦しているので信州や駿河などの城も見ているはずであり、そこで培った経験と技術を国峰城に注いだように思う。この城はもう一度見てみたい。
上信電鉄「上州富岡」下車 徒歩1時間30分
日本城郭大系/新人物往来社・中世城郭事典/新人物往来社
2012/12/17