福島城
 
別 名
所在地 群馬県吾妻郡東吾妻町原町
築城者 秋間斎藤氏
築城年 室町時代
廃城年 慶長20年(1615)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 東吾妻町指定史跡
備 考 続日本100名城
評 価
主郭 竪堀
遠景 中城 土塁 中城 空堀
中城 竪堀 中城 横堀 二の郭
主郭 切岸 主郭 土塁 主郭 土塁
 
 友人に誘われ岩櫃城へ訪れた。印象に残るのはあの奇岩だが岩櫃山は城域ではなく東の中腹に主要部分があり崖端に城域が展開している。遠目に眺める岩櫃山の偉容は形容しがたいほど神々しい。天狗がいたとしてもさほど驚かないと思える山容である。
 城跡へ車で乗りつけることができるので便利だった。城跡の標高は597mだからそれほど高くはないが、荒海で揉まれたサザエのようにゴツゴツした姿は武骨でいかにも戦国の城を思わせる。案内表示に従い遺構を見て回るが、中城まではあまり印象に残らなかった。竪堀を登るあたりから一気に城跡らしくなり、道を外れて二の郭を歩くと見学路を見て回るだけでは見られない遺構を目の当たりにできる。主郭の手前からは眺望が開けて見晴らしが良くなるのでベンチに腰かけて食事をした。道の駅にて購入していた鮎飯はほんのり生姜が効いた白米と鮎の香りが絶妙で本当に旨かった。主郭は思っていた以上に広々としている。この日はハイカーが数人往来していたが、カモシカが現れることもあり、熊出没注意の看板もあった。
 真田昌幸が武田勝頼を迎えるために改修し御殿まで築いた上州の名城だが、どちらかと言えば自然の要害頼みの城である。しかしその魅力と見応えは十分に感じられる城だった。
 
JR吾妻線「郷原」下車 徒歩30分
 
2015/10/31 日本城郭大系/新人物往来社
岩櫃城跡パンフレット
 
熊出没注意