別 名 井戸沢城・稲荷城
所在地 群馬県富岡市内匠
築城者 倉股大炊助
築城年 永禄年間(1558〜70)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 戦国時代に国峰城主小幡氏の家臣倉股大炊助が築いたとされる。大炊助は小幡家中で旗頭を務めたというから相当な武功を挙げたと思うが、残念ながらその事跡は伝わっていない。天正18年(1590)の北条征伐では上杉景勝の軍勢が攻め寄せた。内匠城で攻防戦があったかはわからないが国峰城を攻め落とした景勝の重臣藤田信吉が内匠城を占拠したと伝わる。
内匠城 二の丸跡の空堀 二の丸跡の土橋
本丸跡 本丸跡の土塁 本丸跡の土塁
本丸跡 土橋 三の丸跡の土塁
 内匠城は何度見てもいい城でありまた訪れてみたいと思わせる城である。駅からは遠いし整備が行き届いているわけでもないが、手つかずの遺構が迫力を感じさせてくれる。はじめて訪れたときは8月の雨と藪に閉ざされ足早に立ち去っている。12月でも竹藪が多いために立派な空堀は見づらかった。
 竹藪に邪魔されながら堀底を歩いてみた。次は切岸に取りつき土塁へ駆け上がってみた。そうしているうちに内匠城の凄さがわかった。主郭へ至る通路も工夫が凝らされていて面白い。すぐ北側を上信越自動車道が通っているが破壊されなくて良かったと思う。案内板すら設置されていないが見る者を驚かせてくれる。
上信電鉄「上州富岡」下車 徒歩40分
日本城郭大系/新人物往来社
2007/08/18・2012/12/17