別 名
所在地 群馬県藤岡市下日野
築城者 長尾忠房
築城年 永享10年(1438)
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 上杉憲実が家臣の長尾忠房に築かせた城で平井城の詰め城という役割を担った。確かに平井城から金山城の東尾根への距離は近い。登山道入口は南にあるが、実際の大手はゴルフ場になっている北側にあったものと思われる。金山城で戦いがあったという歴史は残っていないが、北条氏が平井城を攻め落としたときも上杉憲政は算を乱して逃亡しているので迎撃戦はなかったらしい。上杉謙信が平井城を破却したときに金山城も廃城となり、それからは高山城がこの地方の中心的な城になっている。
平井金山城 山麓の石積み 東尾根の堀切
虎口の石積み 東尾根の桝形虎口 二の郭跡
主郭跡 主郭跡 主郭跡の石積み
井戸曲輪跡 清水刻字岩 北尾根の堀切
 平井金山城を遠目に眺めることは多かったが、訪れる機会がないまま時が過ぎてしまった。8月に途中まで登ったところでスズメバチが多くてあきらめたことがある。交通が不便なこともあり再訪することもなかったが、山城の季節が終わりに近づいた頃に登ることにした。
 麓からはそれほど登ることもなく着いた。山内上杉氏の詰め城なのでやや古めかしさを感じるが遺構はよく残っている。岩に囲まれた井戸郭の水を溜める遺構がとても印象に残っている。この日は上州電鉄の馬庭駅から歩いてここまで来ているが、帰りも同じ距離を歩くのは面倒に思っていたところへ一日数本しか走っていない群馬藤岡行きのバスが来た。山城の遺構を堪能したあとにこういった廻り合せがあるととても嬉しい。
JR八高線「群馬藤岡」下車 上信観光バス「上平」行で「農協前」下車 徒歩20分
日本城郭大系/新人物往来社・平井金山城跡案内板
2016/03/05