別 名
所在地 群馬県藤岡市西平井
築城者 上杉憲実
築城年 永享10年(1438)
廃城年 天文21年(1552)
現 状 平井城址公園
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物 土塁・空堀
史跡指定 群馬県指定史跡
評 価
 永享10年(1438)に上杉憲実が家臣の長尾忠房に築城させた平井城は関東管領職にあった山内上杉氏の居城となった。天文21年(1552)に北武蔵からの勢力拡大を図る北条氏康に攻め落とされ、上杉憲政は上杉謙信を頼り越後へ逃れた。永禄3年(1560)に謙信は平井城を奪い返したが、関東経営の新たな拠点を前橋城に定めたため平井城は破却された。
復元土塁 復元空堀 上杉氏顕彰碑
庚申堀 平井城から見た鮎川
 関東管領上杉氏の居城として築かれた城で北条氏が侵攻するまではここが上州の中心だった。百年以上の繁栄を極めた街だが今は静かな農村地帯になっている。台地上に広がる平らな城なので要害という雰囲気はしないが、地形を見ると南東からはまず落とせないと感じる。上杉謙信が破却したあとは荒廃し大部分が農地となったため城跡の遺構はあまり残っていなかった。
 藤岡へは何度も訪れているので平井城もよく通過したものだった。わざわざ車を停めて立ち寄ることは少なかったが愛着は感じる。関東管領の居城としての威風はもうほとんど感じられないが、地元保存会が上杉氏の旗を立てるなどして古城らしさの回復を図っている。平井城だけでなく山内上杉氏にゆかりのある平井金山城や高山城といった素晴らしい山城が付近には残っているので、それらを併せて訪れると面白い。
JR八高線「群馬藤岡」下車 藤岡市バス「上平」行で「矢島商店前」下車 徒歩5分
日本城郭大系/新人物往来社
2007/08/18・2013/04/21