別 名
所在地 群馬県安中市安中
築城者 安中忠政
築城年 永禄2年(1559)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 安中小学校・宅地
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 永禄2年(1559)に安中忠政が築いた安中城はすぐに武田氏の脅威に晒される。築城間もない安中城には嫡男忠成を配置し自らは松井田城を守り武田氏に備えたが、信玄は両城を分断するように八幡平に城を築いた。安中勢は頑強に抵抗するも武運尽き降伏し忠政は自害し忠成は景繁と改名し武田信玄に降った。
 天正3年(1575)の長篠の戦いで景繁は討死し安中氏は滅亡し安中城も廃城となった。江戸時代初期に井伊直勝は幕命により弟の直孝に彦根藩主の座を譲り安中城で3万石を与えられた。その後も譜代の家柄が藩主を務め幕末に至る。
安中城 太郎兵衛屋敷跡の土塁 坂口門跡の碑
武家長屋 郡奉行役宅 安中遠足碑
 安中城はもうほとんど痕跡を留めていない。廃藩置県まで存続した城としては珍しいと思う。明治まで残った城でも破壊された城は確かにあるが、そのほとんどは鉄道敷設や港湾工事で石垣が持ち去られたという場合が多い。安中城のように海もなく鉄道の軌道からも離れた場所にある城でこれだけ原型を残していない城はあまりない。
 最初は車で通りがかったので少しだけ寄り道しただけだったが二度目は二度目は雪が残る中をゆっくり歩いてみた。時間をかけて散策すれば何か見つかるだろうと思ったが安中城の姿を浮かび上がらせることは難しく徒労に終わった感がある。仕方なく郡奉行役宅や武家長屋を訪ね歩いてみたが武家長屋は屋根の葺き替え工事中で足場が組まれて内部は見られなかった。
 バイパス沿いに歩くと太郎兵衛屋敷跡の土塁が残り図書館の東に竪堀がある。これ以外は何も残っていないようで複雑に折れ曲がる城下町特有の街並みに思いを馳せるしかない。安中一族と武田氏の間で死闘が繰り広げられた舞台にしてはあまりにも寂しい。
JR信越本線「安中」下車 群馬バス「安中市役所」行で「大手前」下車 徒歩5分
日本城郭大系/新人物往来社・群馬の古城/あかぎ出版
2007/08/18・2016/11/25