別 名 小屋城・霞ヶ城・堅田城
所在地 群馬県安中市松井田町高梨子
築城者 安中忠政
築城年 永禄元年(1560)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 安中市指定史跡
評 価
 永禄元年(1560)に安中忠政が築いた城だがそれより以前から小さな館城が存在していた。武田氏の来襲を前に安中氏は領内に要害をいくつも構えて備えたが松井田城もそのときに築かれている。巨鯨が大海原を行くが如く武田信玄の軍勢は西上州の小土豪をまるで小魚のように呑み込んでいったが、安中氏の抵抗も空しく永禄7年(1564)に松井田城は武田氏の手に落ち小山田虎満が配置された。
 武田氏滅亡後に本能寺の変があり北条氏直が松井田城を占領し大道寺政繁が城代となるが松井田城はやはり大道寺氏のイメージが強い。天正18年(1590)に豊臣秀吉が北条征伐に踏み出すと前田利家と上杉景勝を主力とする大軍が松井田城を攻撃し1ヶ月の籠城戦の末に大道寺政繁は降伏し松井田城は廃城となった。複雑な地形を活かした名城も大軍の前には無力であった。
松井田城 東尾根の堀切 東曲輪跡の堀切
安中曲輪跡 安中曲輪跡の堀切 安中曲輪跡の竪堀
本丸跡 本丸跡の櫓台 大手門跡の石積み
二の丸跡の土塁 西尾根の連続竪堀 水の手跡
北尾根の堀切 北尾根の土塁 松井田城からの眺望
 群馬県の山城の中でも屈指の規模と巧妙な縄張を誇る松井田城は訪れる者を敬虔な気持ちにさせてくれる。まるで迷路のような通路は図面を頼りに歩いても迷うほどだ。山城なのに訪れやすいのも魅力で駐車場が城内に設置されている。
 尾根に展開する城域はかなり広い。道標に従い要所だけを見て回っても2時間はかかると思うが戦国時代の山城を堪能できる。弧を描くような尾根道を土橋として削り残し喰い違いの土塁を配した工夫が印象的だった。西尾根の連続竪堀も実際に歩いてみると迫力があるが画像で見るとその凄さが半分も伝わらないのが口惜しい。以前は雑木が多く見づらい場所が多かったが二度目の訪問では少し伐採されたようだった。8年ぶりの再訪なので道もうろ覚えで二の丸へ行くつもりが本丸へ戻ってしまったり東曲輪から尾根伝いに歩いて道に迷ったりと苦難の連続となったが存分にその凄さを味わうことができた。この日は松井田西城を見たあとに立ち寄ったが予定よりも時間を費やしてしまい後に予定していた名山城はあきらめて松井田駅から帰路に就いた。自分は基本的に山城でも単独で訪れることが多いがこの日はカモシカとイノシシを間近で見る機会があった。クマも出没する可能性がある山城なので出来れば複数名で訪れることが望ましい。
JR信越本線「松井田」下車 徒歩40分
日本城郭大系/新人物往来社・群馬の古城/あかぎ出版
2010/11/20・2018/12/25