別 名
所在地 群馬県高崎市高松町
築城者 井伊直政
築城年 慶長2年(1597)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 高崎市役所
遺 構 土塁・水堀
移築建造物 櫓・門
再建建造物
史跡指定 高崎市指定史跡
評 価
 高崎城の前身は平安時代末期に築かれた和田城である。天正18年(1590)に和田兼業が守る和田城は豊臣秀吉が差し向けた前田利家らの大軍に包囲され落城した。滅亡した北条氏に代わり関東へ入国した徳川家康は上州の抑えとして井伊直政を箕輪城主としたが、慶長2年(1597)に直政は和田城を取り込んだ新たな居城として高崎城を築いた。関ヶ原の戦いが終わると直政は近江佐和山城主となり高崎城はその後も譜代大名の居城となっている。江戸時代初期には徳川家光の弟忠長が高崎城に幽閉され寛永10年(1634)に大信寺で自刃している。
乾櫓 東門 三の丸跡の水堀
三の丸跡の土塁 三の丸跡の土塁 三の丸跡の土塁
 群馬県の城郭探訪をするときに起点となるのが高崎駅となるので訪問している回数もそれに比例して多くなっているが、けっこう高崎駅からは距離がある。見どころはとても限られていて群馬県下で唯一残る現存櫓と移築された城門に三の丸の土塁と水堀ぐらいである。近世を通じて使われた城だけあって土塁と水堀は立派だが裏を返せば他にはほとんど何も残されていない。
 高崎駅から駅前の大通りをまっすぐ西へ歩くと三の丸の出桝形へ着く。外郭は市街地に埋没しており三の丸跡の土塁と水堀の他は失われてしまっている。破壊は今も続けられており地下に埋蔵された遺跡や和田城の櫓台が道路建設などで破壊されている。前橋城も同様でこれだけ邪魔にされている城もあまりない。群馬県は内閣総理大臣を多数輩出しているが政治と土建業は切っても切り離せない関係なので高崎城もその犠牲となったのだろう。
JR北陸上越新幹線・高崎線・信越本線・上越線・八高線・上信電鉄「高崎」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社
2003/06/27・2008/01/02