別 名
所在地 群馬県高崎市箕郷町東明屋
築城者 長野業尚
築城年 永正9年(1512)
廃城年 慶長3年(1598)
現 状 山林
遺 構 郭・石垣・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
評 価
 永正9年(1512)頃に長野業尚がこの名城を築いた。歴代城主の中でも山内上杉氏の重臣長野業正は武田信玄の猛攻にも退くことなく箕輪城を守り切ったことで知られる。上杉憲政が越後へ退去した後も業正は武田氏や北条氏からの勧誘に従わず主家へ義理を通した。永禄3年(1560)に上杉謙信が越後から関東へ兵を入れると業正はそれに呼応し北条氏と戦ったが翌年に業正は病死し業盛が跡を継ぐ。箕輪城攻略の機は熟したと信玄は永禄9年(1566)に箕輪城を囲み防戦空しく業盛は自刃し箕輪城は武田氏の手に落ちた。信玄は重臣内藤昌豊を城代として関東経営の拠点としたが信玄が病没し昌豊も長篠の戦いで討死すると武田氏にも落日の時が迫る。天正10年(1582)に武田勝頼は天目山で滅び箕輪城は北条氏と織田信長の重臣滝川一益が入れ替わりで城主となった。本能寺の変が起き一益は神流川で北条氏に敗れ伊勢へ敗走すると北条氏邦が箕輪城を接収するが天正18年(1590)に北条氏も滅亡し徳川家康の重臣井伊直政が箕輪城主となった。慶長3年(1598)に直政は新たに高崎城を築いて居城を移したため箕輪城はその役割を終えている。
新曲輪跡 新曲輪跡の空堀 馬出跡
三の丸跡 三の丸跡の石垣 二の丸跡
大堀切の土橋 大堀切 大堀切
本丸跡の土塁 本丸跡の空堀 本丸跡の石垣
御前曲輪跡 城址碑 御前曲輪跡の空堀
 高校時代の友人と群馬県の城跡を車で訪ねた。曇天と小雨が降り続く暑い日だったが日差しがないのでそれほど疲労は感じなかった。群馬県は見事な遺構を残す城が多い。土塁や堀の規模が大きく工夫された縄張を持つ城がたくさんあるが地方によって崖端を利用したり峻険な岩山に築かれていたりと変化に富んで面白い。武田氏、上杉氏、北条氏が争ったことで歴史が明らかな城が多く遺構も迫力を感じる。箕輪城は歴史と知名度から上州の中世城郭の筆頭格だろう。
 今に残る箕輪城の遺構は長野氏時代の城に井伊直政が大改修を加えた姿である。自分が訪れた当時はまだ整備事業が始まる前であり大堀切も鬱蒼とした林になっていた。石垣がよく残る三の丸はスズメバチが飛び交い近づけなかった。降り続く雨は夏草を濡らし堀底まで下りてみようという気持ちを遮り全貌を把握するには至っていない。冬になったらもう一度訪ねてみようと思っているが交通が不便なこともありなかなか行けないでいる。
JR上越北陸新幹線・高崎線・信越本線「高崎」下車 群馬バス「箕郷」行で「箕郷本町」下車 徒歩20分
図説・日本名城集/学研・戦国の山城/学研・日本城郭大系/新人物往来社
2007/08/18