別 名 厩橋城
所在地 群馬県前橋市大手町
築城者 長野賢忠
築城年 延徳年間(1489〜92)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 群馬県庁
遺 構 石垣・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 前橋市指定史跡
評 価
 前橋城は延徳年間(1489〜92)に長野賢忠が箕輪城の支城として築いたという。当初は利根川を挟んだ対岸に石倉城があったが、天文3年(1534)の利根川の氾濫により石倉城の中心部が崩落してしまったため残された三の丸が厩橋城と呼ばれた。それから戦国時代を通じて北条氏、上杉氏、武田氏が三つ巴で争う舞台となった。織田信長の影響力が関東へ及ぶようになると重臣の滝川一益が城主となり関東経営に乗り出すが、天正10年(1582)に本能寺の変が起きると情勢は一変し、一益は北条氏との神流川の戦いに敗れ命からがら伊勢へ逃げ帰った。天正18年(1590)の小田原征伐で北条氏も滅び厩橋城には徳川家康の家臣平岩親吉が入った。
 関ヶ原の戦いで家康が天下を取ると酒井重忠が3万3千石で入城し厩橋城は大きく改修され天守も備えた近世城郭へと生まれ変わった。江戸時代半ばには前橋城と改められたが、暴れ川の利根川は容赦なく前橋城を削り取り本丸が移転している。酒井氏のあとは松平朝矩が15万石で前橋城主となるが度重なる利根川の浸食に辟易し川越城を居城としたため明和6年(1769)に前橋城は廃城となった。江戸時代末期の利根川の改修により文久3年(1863)に松平直克が前橋城を近代的な城郭として再建するがほどなくして幕藩体制は終わりを告げた。
本丸跡の土塁 本丸跡の土塁 櫓台跡
車橋門跡の石垣 空堀跡 風呂川
 北関東の要衝として激しい争奪戦が繰り広げられた名城も利根川の侵食と近代化によりほとんど原型が残っていない。治水技術が進んだ近代と違い利根川の暴れ川ぶりは凄まじく前橋城も一度は廃城となっている。幕末に再建されたが間もなく明治維新を迎え歴史を閉じた。
 県庁が置かれたことで前橋城は破壊され尽くしており高崎城と同様にそこには微塵の郷土愛も感じられない。長野氏が武田信玄に滅ぼされたあとは絶えず侵略が繰り返されたことと江戸時代になって一度は廃城となったことも原因があるのだろう。本丸の土塁を見るとさぞかし見事な城だったことが想像できるが全体像を思い浮かべるにはとてもではないが物足りない。石垣が残る車橋門もずいぶん狭い門だと思ったが、実はこの石垣も都市開発の中で移築されている。空堀は遊園地となりわずかなよすがを探るのがとても難しい城だった。
JR上越線「前橋」下車 関越交通バス「上野田」行で「県庁前」下車 徒歩1分
日本城郭大系/新人物往来社・群馬の古城/あかぎ出版
2003/06/27・2008/01/14・2013/05/26