別 名 新田金山城・太田金山城
所在地 群馬県太田市金山町
築城者 岩松家純
築城年 文明元年(1469)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 金山自然公園
遺 構 郭・石垣・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物 建物・石垣
史跡指定 国指定史跡
評 価
 新田義貞築城説もあるがそれは新田氏の後裔岩松氏とを結びつける付会であろう。源氏の系譜を引き継ぐ岩松家純が築き上州の要衝として度々合戦の舞台となったが、その都度難攻不落ぶりを見せつけた名城であった。岩松家純亡きあと重臣の横瀬成繁の専横を憎む家臣たちとの争いが起きたが逆に岩松尚純は追放され横瀬氏が実権を握り成繁は由良成繁と改名した。成繁は上杉謙信と通じて北条氏に反抗するが天正12年(1584)の沼尻の戦いで佐竹義重、宇都宮国綱ら北関東の大勢力を中心とした反北条同盟が敗れたことで金山城は北条氏に接収され由良国繁は小田原城へ送られた。天正18年(1590)の北条氏滅亡により国繁は解放されたが金山城主の座に返り咲くことはできず常陸牛久城へ移封されてしまい金山城は廃城となった。
金山城 南木戸虎口跡の石垣 西矢倉台
西矢倉台の堀切 物見台下の虎口 物見台下の堀切
馬場曲輪跡 大堀切 月ノ池
三の丸跡の石垣 南曲輪跡 日ノ池
二の丸跡の堀切 本丸跡の石垣 本丸跡の城址碑
西城跡の喰い違い虎口 西城跡の堀切と虎口 西城跡の石積み
金山城からの眺望 比丘尼坂砦の石垣 八王子山砦
 巨大な山城であり荘厳な雰囲気すら漂う。その石垣に覆い尽くされた姿は古代の神殿のようにも見える。大半の石垣は復元によるものだが、発掘調査の写真を見ると夥しい石垣が存在したことは確かで関東の城郭史を覆すような山城である。
 二度訪れているが快晴に恵まれている。物見櫓から見下ろす風景はとても清々しい。登りやすい山で整備された遺構はとても見やすい。実城だけではなく坂中砦と西城を従えた要塞であり周辺には支城が配置されている。新田氏の一族岩松氏が築いた山城だがいつしか由良氏が居城と実権を奪い取りその由良氏も北条氏に服属している。その間に上杉謙信が金山城へ攻めかかるが落城させることはできなかった。
 太田駅からは歩かねばならないが途中にガイダンス施設があり金山城関係の資料も多数用意されている。雄大な自然を楽しみながら山道を行くうちに石垣と出会ったり堀切を越えたりと退屈することがない。熊出没の看板はないが金山城周辺は猪が多く少し怖かった。実際に松風峠を越えたときに笹薮の向こうに潜む巨大な猪と接近遭遇したが、ちょうど後ろから来たトラックがクラクションを鳴らしてくれたおかげで猪は退散した。そのときの猪がたてる地響きは今も忘れていない。やや整備されすぎた感じもするが神々しい雰囲気はとても良い。整備されてから時間が経過しているために以前歩いた桟橋は朽ち果てて立入禁止となっていた。前回は小学校の遠足とかち合ってしまいゆっくりと見ることができなかったが二度目のときは静かに散策することができた。二度訪れてもまだまだ見られていない場所も多く冬場にまた未見の場所を中心に歩いてみたいと思う。
東武伊勢崎線・桐生線・小泉線「太田」下車 徒歩50分
中世城郭事典/新人物往来社・日本城郭大系/新人物往来社・群馬の古城/あかぎ出版
2006/11/18・2016/10/14