別 名 柄杓山城
所在地 群馬県桐生市梅田町
築城者 桐生国綱
築城年 正平5年/観応元年(1350)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 桐生市指定史跡
評 価
 南北朝時代に佐野氏に連なる一族の桐生国綱が築いた。永禄3年(1560)に桐生助綱は上杉謙信に従い桐生氏の繁栄をもたらすが、助綱の死後に佐野氏から養子に入った親綱の時代に金山城主由良氏との対立が激化し、親綱自身も佐野氏から付き従った家臣を用いて桐生氏譜代の家臣を遠ざけたために家中の統制は乱れた。元亀4年(1573)に桐生氏の内紛を好機と見た由良成繁が桐生城の奪取に成功した。由良氏は後に北条氏に臣従したために豊臣秀吉によって常陸牛久に移封され桐生城は廃城となった。
桐生城 三の郭跡の堀切 三の郭跡の堀切と土橋
二の郭跡の堀切 北尾根の堀切 北曲輪跡の土橋
北曲輪跡の土塁 主郭跡 桐生城からの眺望
 10月下旬に友人の誘いで桐生市へ訪れた。高崎や前橋は近く感じるが桐生は電車だとかなり遠く感じる。距離もあるし電車の本数もあまり多くないので単独で行こうという気にはならなかった。こういった機会を得られたのはとてもありがたい。目的は五覧田城だったが帰路にある城を時間が許す限り立ち寄ろうということになり道中はいくつかの城を訪ねた。桐生城に着いたときはもう夕方近い時間だったがここまで来たなら桐生城は見ておきたいという意見が一致し暗くなり始めた山道を歩いた。
 薄暗い中で桐生城の遺構を見て回ったが評判通り良い城だった。曲がりくねった道は攻めにくく頭上から攻撃されればひとたまりもない工夫が感じられる。歩いているときに自分がどこにいるのかわからなくなるのは優れた縄張の城と僕は考えているが、その点でも桐生城は合格でとても見応えを感じた。素晴らしい桐生城の遺構をぜひ真冬の昼間に再訪して味わってみたい。
JR両毛線・わたらせ渓谷鉄道「桐生」下車 
おりひめバス「梅田ふるさとセンター前」行で「城山入口」下車 徒歩30分
日本城郭大系/新人物往来社・群馬の古城/あかぎ出版
2014/10/26