福島城
 
別 名 碓氷城
所在地 群馬県安中市松井田町坂本
築城者 武田氏
築城年 天文年間(1532〜54)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
石積
石積 二の郭 主郭
主郭 石積 大手 堀底道
 
 高校時代の友人と松井田城を訪れた。早朝から出かけたので時間が余り簡単に登ることができる愛宕山城に寄ることとした。せっかくここまで来たからには坂本城に登りたいと思ったが、友人はお世辞にも運動神経が良いとは言えない巨大な体躯であり、滑落でもされたらいけないので坂本城へ登るのは自重した。
 峠の釜めしの看板が目に入ったが、それには目もくれず中山道への入口から登る。気持ちが高ぶり一人で刎石山の中腹まで駆けてみたが、熊がいるかもしれないと思い留まり、愛宕山城へ分け入ったが晩秋でも藪だらけだった。角馬出しも横堀もひどい藪でわからない。二の郭はそれほどでもないが、主郭はとても進めないほど状態が悪い。中山道沿いに江戸時代の堂峰番所の案内板と石積があるが、主郭から少し下った斜面にも石が積まれている。藪のおかげで評価は割り引かねばならないが、遺構はほとんど完全に残っている。
JR信越本線「横川」下車 徒歩40分
2010/11/20 日本城郭大系/新人物往来社
続・群馬の古城/あかぎ出版
熊出没注意