別 名
所在地 群馬県前橋市石倉町
築城者 長尾憲景
築城年 文明17年(1485)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 石倉城二の丸公園
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 文明17年(1485)に長尾憲景が築いたという。利根川に中心部が押し流されるという悲運に見舞われたが、永禄9年(1566)に上州へ侵攻した武田信玄が石倉城を攻め落とし、これを足掛かりとして厩橋城と箕輪城を攻略し長野氏を滅亡させた。武田氏滅亡後は織田氏、北条氏と支配者が入れ替わるが、天正18年(1590)に徳川家康の軍勢が攻めかかり寺尾佐馬助は石倉城に火を放ち自刃している。戦いは寄せ手の依田康国が討死するほどの激戦だったらしい。
石倉城 案内板 石倉城二の丸公園
 烏川に面した崖上にあり前橋城と相対する石倉城は利根川の氾濫によって大半が流失している。坂東太郎の異名通り荒れ狂う利根川はいくつもの城を崩し多くの集落を飲みこんでいる。石倉城が崩落したことで前橋城が築かれたといっても過言ではない。
 遠くから見る石倉城は城跡らしさを感じさせた。もしかすると遺構が残っているかもしれないと多少期待をして訪れたが、石倉城二の丸公園と外堀公園にその名を残すのみで遺構は見つからなかった。石碑は内閣総理大臣を務めた福田赳夫の揮毫によるものである。若い人たちは福田赳夫を知らないかもしれない。平成の時代にやはり総理大臣を務めた福田康夫の父君である。
JR上越線「新前橋」下車 徒歩20分
日本城郭大系/新人物往来社
2008/01/14