別 名
所在地 群馬県前橋市元総社町
築城者 長尾景行
築城年 永享元年(1429)
廃城年 慶長6年(1601)
現 状 御霊神社・宅地
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 総社長尾氏の居城となる以前から国府が置かれ古くから人の営みがされていた環濠集落から発展した城と考えられる。総社長尾氏の居城として整備されたのだろうが、あまり居心地の良い城ではなかったようで長尾忠房は早々に居城を石倉城に移している。その石倉城も利根川の氾濫で崩壊したために長尾氏は再び蒼海城へ戻ったが永禄9年(1566)に武田信玄によって攻略された。近世に入ると諏訪氏も秋元氏もて蒼海城へは入らずそのまま廃城となった。
案内板 御霊神社 土塁
 美しい名前の城である。堰き止めた川から生まれた環濠に浮かぶ城を見て蒼海城と名づけたのだろう。当時の上州の人たちのほとんどは海を見たことがなかったと思うが、水面に映り込む蒼海城の姿を蒼い海に浮かぶ島々に見立ててそう名づけたのかもしれない。総社神社に復元図があるが広大な蒼海城はほとんど宅地化されて大半の遺構は消滅している。
 群馬県の平野部は環濠集落から平城となった例が多いがそのほとんどが消滅している。蒼海城の遺構は断片的には残されているので再訪したときには道となった堀の痕跡をたどってみたいと思うし総社城にも足を延ばしてみたいと思っている。
JR上越線「新前橋」下車 徒歩20分
日本城郭大系/新人物往来社・続群馬の古城/あかぎ出版
2008/01/14