別 名
所在地 群馬県前橋市河原浜町
築城者 大胡氏
築城年 天文年間(1532〜55)
廃城年 元和2年(1616)
現 状 公園
遺 構 郭・石垣・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 群馬県指定史跡
評 価
 大胡城は天文年間(1532〜55)に藤原秀郷の後裔大胡氏が築いたというが居館は養林寺を中心として構えられていた。天文10年(1541)には金山城主横瀬氏の勢力が強まり大胡氏は北条氏の庇護を受け武蔵へ移住し牛込城を居城としている。代わって横瀬氏の家臣益田行綱が大胡城主となるが横瀬成繁が北条氏の傘下になると上杉謙信の猛攻により大胡城は落城し家臣の北条高広が城主となった。その後は武田氏の滅亡や本能寺の変があり上州の勢力図は目まぐるしく変化したが大胡城は北条氏邦の支配地となり、北条氏滅亡後は徳川家康の家臣牧野康成が2万石で城主となり元和2年(1616)に廃城となった。
近戸曲輪跡の虎口 北曲輪跡 堀切
二の丸跡の桝形虎口 二の丸跡の石垣 本丸跡の虎口
本丸跡の土塁 本丸跡の土塁 本丸跡
 はじめて訪れたときは日も暮れたあとだったが肉眼では土塁や石垣がよくわかった。もう一度見てみたいという思いが強く半年も経ない正月に再訪した。往時の面影を残すのは本丸と二の丸だけだがその遺構だけで十分に楽しめる城だと思う。本丸の土塁から見る赤城山がとても綺麗だった。二の丸の虎口に石垣が残るがこれは近世の牧野氏時代のものだろう。
 二度の訪問で気に入った城だが前橋から上毛電鉄に乗り換えて行くのは相当な時間を要する。もう一度は見ておきたいと思いつつ10年以上の歳月が流れた。どうしても大胡城を見ておきたい気持ちと上毛電鉄の牧歌的な雰囲気を味わいたくなり再訪した。レトロな大胡駅は昔のままの姿で安心したし大胡城から眺める赤城山も昔と同じで美しかった。ここでたっぷりと鋭気を養ってから大胡駅へ戻りレンタサイクルを借りて前橋市に残る未訪問の城館へと走り出した。
上毛電鉄「大胡」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社・群馬の古城/あかぎ出版
2007/08/18・2008/01/14・2018/11/17